読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名もなきブログ

Twitter:@trivium_poke

【S11最高2091】眼鏡ウルガモス入り対面構築【シングル】

サブROM(TN:Kagarichan♡)でシーズン11の終盤に使用し始め2050辺りをうろついていた構築です。
自分の実力的には2100行ければ嬉しいかな〜と思っていたのですが乗れなくて悔しいですが読んでいただけると嬉しいです。
では早速並びから
f:id:trivium_poke:20150915153620p:image
一見並びだけを見るとシーズン8に流行った構築ですね。
少しずつですがアレンジを加えているので以下、一応個別紹介です。

ボルトロス@オボンの実
10万ボルト/めざ氷/草結び/電磁波
184-×-132-145-101-135

いつものボルトロス。メタが増え続ける中でも安定した活躍が見込めるポケモン
以前ほど選出率は高くなくなったが出した時はほぼ腐ることがなかった。


ガブリアス@こだわりスカーフ

意地っ張り  さめはだ
地震/逆鱗/岩雪崩/炎の牙
183-200-116-×105-154

テンプレスカガブ。対面構築相手に積極的に出していく。
終盤ではクレセリアが激増したため動かし辛かった印象だが、後述のガルーラで物理受けを疲弊させた後のガブでお掃除する。



陽気  肝っ玉→親子愛
グロウパンチ/捨て身タックル/岩雪崩/不意打ち
181-176-120-×-121-167


陽気で火力が少し足りない分を雪崩で補おうと思い、雪崩ガルーラを採用した。
しかし、まず技が当たらないし、麻痺下で当てても平気で動かれるし、返しの熱湯で火傷するしでいいことはほとんどなかった。PTとしてガブリアスが重いので冷凍パンチに変えた方がいいと思う。


ゲンガー@気合いの襷

臆病  浮遊
シャドーボール/ヘドロ爆弾/凍える風/
道連れ
135-×-81-182-95-178


最初は毒守ガルドにしていた枠だが、地震を持ったガルーラが増え、ガブリアスも重かったのでこの技構成のゲンガーにした。ゲンガー対面でも凍える風を打てば相手が引いてくれることが多かったので裏のガルーラに向けてヘドロ爆弾を選択することもあった。気合玉が欲しい場面もあったが、ピクシー等のフェアリーへの打点を優先した。


ウルガモス@こだわり眼鏡

臆病  炎の体
火炎放射/オーバーヒート/虫のさざめき/サイコキネシス
161-×-85-187-125-167


このPTの地雷枠?
シーズン10でスカーフウルガモスを使っていた方がおり、眼鏡でも奇襲出来るのではないかと考えたポケモン
奇襲する時に一番に考えたいのはそのメタ対象に突っ張ってもらうことだと考えており、ガルーラバシャーモの初手対面では猫騙しや守るをされることなく致命傷を与えることができる。
オーバーヒートがASガルーラに対して7割程度の乱数でしか落とせないが、交代読みのグロウパンチや捨て身タックルでほぼ相打ち以上を取れた。(威力ダウンが痛い。)



図太い  プレッシャー
熱湯/冷凍ビーム/毒々/ミラーコート
207-×-183-110-135-106


説明不要のゴツメ枠。
ミラーコートの枠は眠るでしばらく使っていたが自分にはうまく使えなかったのでミラーコートにしてみた。
使う場面はそこまで多くないがラス1でのボルトロス対面でも悪だくみがなければワンチャンス狙える所は良かったと思う。

以上で個別紹介を終わります。

f:id:trivium_poke:20150915165556j:image
一応最高レート時