読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名もなきブログ

Twitter:@trivium_poke

【シングル 2100】新世代バンガブ【メガガブ】


どうも、すーです。
最近流行りのバシャサンダーナットを一掃するメガガブリアスという面白そうな記事をTwitterにて見かけ、「使ってくれるなら個体積もってあげるよ!」と言っていただけたので初めてメガガブをPTに組み込んでみました。

早速ですが
PTのメンツ
f:id:trivium_poke:20140618043450j:plain


個別紹介
バンギラス 意地っぱり@ラムの実
207(252)-176(44)-130-x-147(212)-81
噛み砕く、追い打ち、岩雪崩、電磁波

せっかくメガガブを使うなら特性(砂の力)を生かしたいと思いバンギラスを採用。メガゲンガーが邪魔だったのでラム追い打ち、安定打点の噛み砕くと岩雪崩、起点回避の電磁波。
メガガブの一番のデメリットであるSダウンを誤魔化す意味でも電磁波を入れていたのですが身代わり竜舞などにやられてしまうことがあり、吠えるの方が欲しい場面が多かったです。また、このPTは氷打点がないのでスカーフ冷Pを採用してもよかったのかなと思います。(型要検討)


ガブリアス やんちゃ@ガブリアスナイト
207(188)-214(36)-142(52)-145(36)-103-137(196)  (メガ時)
地震、エッジ、大文字、剣の舞
このPTの主役。調整はリンク先参照。

初手バシャの前で舞って、出てきたサンダーにエッジぶち当てて、ナットを焼いて降参といった試合もありました。
HDカバルドンに対しても舞砂の力地震で確定を取れるのでステロを撒かせずに倒すことが可能なのも大きかった。特殊高火力がいないPTだったのでカバルカ相手には初手で出していました。命中不安が多いですが自覚あるいい子でした。



ファイアロー 意地っ張り@こだわり鉢巻
153-146(252)-92(4)-x-89-178(252)
ブレバ、フレドラ、蜻蛉返り、寝言
シーズン1で猛威を奮った意地鉢巻アロー。
火力が素晴らしかった。バンギラスボルトロスライコウ等Sの勝てない電気タイプを割と安心して受けてくれるため火力を優先しました。
周りで削ってブレバでなぎ倒して行く。
地面格闘の一貫を切る、後述のギルガルドとの相性も良い。


191(244)-x-161(252)-141(4)-136(4)-101(4)
エアスラ、シャイン、電磁波、羽休め
ガブリアスが対ドラゴン性能がとても低く後だしはもちろん初手の偶発対面でも引かざるを得ないため採用。
ガブリアスの岩雪崩程度なら2耐え出来るほど固いです。サンダー、ロトムを呼んでしまうので思考停止電磁波はやめましょう。


ガルーラ 意地っぱり @ガルーラナイト
191(84)-167(52)-152(252)-x-121(4)-135(116)
恩返し、不意打ち、グロウP、ドレインP
ずっと使いたかったポケモン
ゴーストに何もできない構成なので、追い打ちバンギを採用したこのPTに入れてみました。
テラキオンのインファを最高乱数を引かない限り耐えるという意味のわからない固さを盾にグロウPを積んでいきます。
やっぱりガルーラは強かった。


ギルガルド 臆病 @食べ残し
調整は前の記事を読んでください←
シャドボ、毒々、身代わり、キンシ

ガブガルアローがいるため、めちゃくちゃポリ2やクレセリアを呼ぶのでどんどん起点にしていきます。
降参をもらう率が異常でした。このPTのMVP!
低火力ポケモンクチートローブシンマリルリ等このPTのきついところを有利な択をとりながら処理できます。



以上が個別解説となります。
基本選出というようなものはあまりなく
ガブリアスガルーラの刺さっている方を出して他の選出を決めていく、という形をとっていました。

最高レートは1972
1730から1900まで1敗でいけた程度の勝率はありました。(バシャサンダーナットの蔓延)
しかしグライオンランドロスへの打点が無さ過ぎるため被選出率が100%でした(◞‸◟)
霊ランドは割となんとかなるのですが、
化身夢ランドやグライオンにはほぼ勝てませんでした。
ガルーラに冷凍Bを入れたPTでも少し回しましたがしっくりこず解散。


全く使われていないメガガブリアスを使って2000に乗せれなくて残念ですが、使っていてメガガブリアスは強かったし楽しかったです。

個体を積もってくださった方、構築相談に乗っていただたいた方ありがとうございました。
(リンクを貼っていますが都合が悪い場合はコメントを書いてもらえれば消します。)

追記
噛み砕く→冷B
挑発剣の舞

に変更し最高レート2103まで上げることができました!