読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名もなきブログ

Twitter:@trivium_poke

【S12最高2060?】サイクルサザンクチート【シングル】

S12お疲れさまでした。

今期はインフレ気味だった中2100にも乗れなかった駄構築ですが一応更新しておきます。完成度も高くなく自信もないので簡単に。

〜並び〜

f:id:trivium_poke:20151118000651p:plainf:id:trivium_poke:20151118000725p:plain

f:id:trivium_poke:20151118000821p:plainf:id:trivium_poke:20151118001212p:plain

f:id:trivium_poke:20151118000932p:plainf:id:trivium_poke:20151118001002p:plain

 

~個別解説~

クチート@クチートナイト

意地っ張り 威嚇→力持ち

じゃれつく/叩き落とす/不意打ち/剣の舞

155-172-145-x-115-73 

 
ミラー意識でSに少し振った個体。結局はいたちごっこになるので20振りに留めました。地震不意打ちのガルーラが多かった印象なので動かしにくかった気がしました。
クレセリアが増えたのは追い風だったかも?
 

サザンドラ@メトロノーム

控えめ 浮遊

悪の波動/挑発/電磁波/羽休め

191-x-111-148-136-143

 

クチートとの補完かつPT全体で重めな受けループを見る枠。

持たせるものがなかったのでメトロノームを持たせたがHDアローを1度悪の波動連打で落としてくれたので満足。ほかにもヒートロトムやサンダーなどにも強めなポケモンが欲しかったので採用しました。(要検討枠)

 

ライボルト@ライボルトナイト

臆病 避雷針→威嚇

10万ボルト/ボルトチェンジ/めざ氷/オーバーヒート

145-x-100-187-101-205

 

自分でPTを組むといつも重くなるので1度使ってみました。なんだかんだで仕事はするけどボルトに負けたときは流石に萎えたのでもう使わないかなーという感じです。

 

ランドロス@こだわりスカーフ

意地っ張り 威嚇

地震/とんぼ返り/岩雪崩/馬鹿力

165-214-115-×-101-138

 

よく入るライボランドのランドロスはゴツメかチョッキのイメージだったが、上から殴られると急所も多くなると考えスカーフにしました。

とんぼ返り+馬鹿力でガルーラを落とせたり、後述するゴツメアローに威嚇を撒きながら繋げることで数値補助をしてもらいました。

 

ファイアロー@ゴツゴツメット

陽気 はやてのつばさ

ブレイブバード/鬼火/羽休め/挑発

175-102-123-×-90-171

 

よくいるゴツメアロー。ミラーで上を取れるようにSをガブ抜き抜きにして残りHBに振り切りました。鬼火を当てれば強かったですが秘密の力ガルーラに麻痺にされると一気に崩壊する点やボルトロスに何もできない点からも少し窮屈でした。

 

ジャローダ@ラムの実

臆病 あまのじゃく

リーフストーム/めざ炎/身代わり/蛇睨み

151-×-115-126-116-180

 

カバ展開に強く出していける駒として採用しました。PT全体としてヒードランがキツイのでめざ地面個体にすべきでしたが孵化する時間がなくそのまま。いっその事蛇睨みを抜いて竜の波動を入れ抜きエースにしていくのも良いかもしれません。

 以上です。



毎シーズン実力不足を感じるのでポケモンを教えてくれる方募集中です(◞‸◟)

ここまで読んでくれた方はありがとうございました!

【S11最高2091】眼鏡ウルガモス入り対面構築【シングル】

サブROM(TN:Kagarichan♡)でシーズン11の終盤に使用し始め2050辺りをうろついていた構築です。
自分の実力的には2100行ければ嬉しいかな〜と思っていたのですが乗れなくて悔しいですが読んでいただけると嬉しいです。
では早速並びから
f:id:trivium_poke:20150915153620p:image
一見並びだけを見るとシーズン8に流行った構築ですね。
少しずつですがアレンジを加えているので以下、一応個別紹介です。

ボルトロス@オボンの実
10万ボルト/めざ氷/草結び/電磁波
184-×-132-145-101-135

いつものボルトロス。メタが増え続ける中でも安定した活躍が見込めるポケモン
以前ほど選出率は高くなくなったが出した時はほぼ腐ることがなかった。


ガブリアス@こだわりスカーフ

意地っ張り  さめはだ
地震/逆鱗/岩雪崩/炎の牙
183-200-116-×105-154

テンプレスカガブ。対面構築相手に積極的に出していく。
終盤ではクレセリアが激増したため動かし辛かった印象だが、後述のガルーラで物理受けを疲弊させた後のガブでお掃除する。



陽気  肝っ玉→親子愛
グロウパンチ/捨て身タックル/岩雪崩/不意打ち
181-176-120-×-121-167


陽気で火力が少し足りない分を雪崩で補おうと思い、雪崩ガルーラを採用した。
しかし、まず技が当たらないし、麻痺下で当てても平気で動かれるし、返しの熱湯で火傷するしでいいことはほとんどなかった。PTとしてガブリアスが重いので冷凍パンチに変えた方がいいと思う。


ゲンガー@気合いの襷

臆病  浮遊
シャドーボール/ヘドロ爆弾/凍える風/
道連れ
135-×-81-182-95-178


最初は毒守ガルドにしていた枠だが、地震を持ったガルーラが増え、ガブリアスも重かったのでこの技構成のゲンガーにした。ゲンガー対面でも凍える風を打てば相手が引いてくれることが多かったので裏のガルーラに向けてヘドロ爆弾を選択することもあった。気合玉が欲しい場面もあったが、ピクシー等のフェアリーへの打点を優先した。


ウルガモス@こだわり眼鏡

臆病  炎の体
火炎放射/オーバーヒート/虫のさざめき/サイコキネシス
161-×-85-187-125-167


このPTの地雷枠?
シーズン10でスカーフウルガモスを使っていた方がおり、眼鏡でも奇襲出来るのではないかと考えたポケモン
奇襲する時に一番に考えたいのはそのメタ対象に突っ張ってもらうことだと考えており、ガルーラバシャーモの初手対面では猫騙しや守るをされることなく致命傷を与えることができる。
オーバーヒートがASガルーラに対して7割程度の乱数でしか落とせないが、交代読みのグロウパンチや捨て身タックルでほぼ相打ち以上を取れた。(威力ダウンが痛い。)



図太い  プレッシャー
熱湯/冷凍ビーム/毒々/ミラーコート
207-×-183-110-135-106


説明不要のゴツメ枠。
ミラーコートの枠は眠るでしばらく使っていたが自分にはうまく使えなかったのでミラーコートにしてみた。
使う場面はそこまで多くないがラス1でのボルトロス対面でも悪だくみがなければワンチャンス狙える所は良かったと思う。

以上で個別紹介を終わります。

f:id:trivium_poke:20150915165556j:image
一応最高レート時



【シーズン10最終17位】ガルラティ 【最高最終1879.さかさ.シングル】

二度目のさかさで前回は遊び程度で終わってしまったので今回は少しまじめに考えてみました。割といい感じにまとまったと思います。

 

ではまず並びから、

f:id:trivium_poke:20150715002007p:plain

 

以下個別紹介

 

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り 肝っ玉→親子愛

205-138-101-x-102-137

→205-171-121-x-122-147

秘密の力/グロウパンチ/不意打ち/身代わり

(シングル流用なので肝っ玉だが早起きか精神力推奨。)

 

 通常のシングルでさえ猛威を振るっているのに、ノーマル技を無効にされないこのルールでパーティに入れない理由のない最強ポケモン

猫だまし、捨て身タックル、グロウパンチ、不意打ちなどを考慮した際に後出しが安定するポケモンがいないためゴツメと特性を利用して削ろうとするパーティがほとんどであると感じたため非接触技の秘密の力を採用したところ後出しのガブリアス、ウィンディ等を削りながら交代することができ、サイクルを回す打ちに受けきれなくなり崩壊させられる。

技構成についてはスイクンクレセ、鬼火等に対する身代わりを確定とし、突破力を高めるためにグロウ不意打ちを採用した。

 

 

ラティオス@拘り眼鏡

臆病 浮遊

155-x-101-182-130-178

流星群/サイコショック/エナジーボール/トリック

 

さかさではガルーラにふいうちで落とされずに上から流星群で大きく負荷をかけていけるイケメン。そのうえガブリアスに後出しが安定するため非常に使いやすかった。10万ボルトはカブリアスに打てるがそれよりもトリックの方が明らかに打つ機会が多く技構成に関してはこれで良かったと思う。  

ガブリアス@ゴツゴツメット

陽気 鮫肌

191-165-125-x-106-169

地震/岩石封じ/毒々/ステルスロック

 

ガルーラ最高性能を持っていると考えているポケモン。調整先としては意地ガルーラの捨て身タックル耐え、陽気グロウ不意打ちで最悪相打ち、ゴツメ、鮫肌2回ずつ+地震でH4振りガルーラを確定にできるようにした。

逆さ環境では猫だましを持っているガルーラがほとんどでガルーラ対面、ライボガル対面等ではほぼ猫だましから入ってくるため初手にガルーラを出されそうだと感じたら猫だましを誘えるポケモンから入ることでガルーラのHPを半分削った状態から始めることができるため非常に有利に進めることができた。

技構成に関しては逆鱗を入れてもいいとは思うが切れる技がなかった。

 

ジャローダ@食べ残し

臆病 天邪鬼

161-x-116-156-117-181

リーフストーム/身代わり/蛇睨み/胃液

 

前回のさかさと比べて一番大きな違いはこのポケモンの存在であろう。

草技の通りが非常にいいルールなのでリーフストーム1ウェポンで十分と感じコの技構成に落ち着いた。はじめは胃液の枠を寄生木の種で回していたが草食ポケモンがいるだけで出せなくなってしまうので胃液を採用したところ選出率がぐーんと上がった。ラティオスやゲンガーにも強く非常に頼もしい存在だった。

 

ラッキー@進化の輝石

図太い 自然回復

325-x-62-x-157-71

地球投げ/毒々/卵産み/癒しの鈴

(癒しの鈴をスキルスワップに変える方が良いかもしれない。)

 

特殊受けお化け。物理に関しても格闘タイプであれば受けることが可能で癒しの鈴によりガルラティの火傷麻痺を解除したり、耐久ポケモンとの泥仕合も毒を入れて卵産みと癒しの鈴を打っているだけで勝てる。

しかしこのポケモンゴチルゼルに捕まえられると試合終了なのであいてのPTにいた場合は出さないほうが良い。

あまり選出はしなかったが選出誘導には役立っていたように思う。

 

ライボルト@ライボルトナイト

臆病 避雷針→威嚇

163-x-81-138-82-172

10万ボルト/ボルトチェンジ/シグナルビーム/毒々 

 

電気の一貫を切り、ガブ、ゲンガー、ジャローダラティオス等にも強い。

どうしてもガルーラの方が選出率が高いため選出率は一番低かったが出した試合では毎試合大活躍してくれた。

調整としてはシグナルビームでH252メガゲンガーを確定になるまでCを振りのこりHに振った。

 

以上が個別紹介となります。

f:id:trivium_poke:20150715014059j:image

54勝19敗で最高、最終1879で17位。最終日に時間がなく上げることができなかったが1900も狙えたかなと思っています。

最終順位17位という自分の中ではいい成績を残すことができたので満足しています。今後さかさレートがあるのかわからないため需要があるのかわからないですが記念に記事を書きました。ここまで読んでくださった方はありがとうございました。では失礼します。


 

【シーズン10】マンダマンムースイクン【最高2069,シングル】

シーズン10の後半に使用し、1950~2050当たりをうろついていた構築です。

では早速並びから

f:id:trivium_poke:20150714080630p:plain

では個別紹介

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト

陽気 威嚇→スカイスキン

181-176-101-x-101-167

→181-186-151-x-111-189

捨て身タックル/身代わり/羽休め/毒々

構築の組み始めであり、PTのエース。。のはずだったが、2000付近のレート帯ではボルトロスが非常に多くそのボルトロスに対し圧倒的に不利を取るため非常に出しにくかった。(わかっていたことだったが軸だったので変えたくなかった。)

しかし選出圧になっていると感じることが多く、またPT全体で重めな格闘(特にヘラクロス)に対しては圧倒的に有利なため出した試合では活躍してくれた。

技構成に関しては地震が欲しい場面が多く、身代わりを見た時点で地震の存在を切った行動をしてくる相手もいたので地震の採用も一考の余地ありだと感じた。


マンムー@突撃チョッキ

意地っ張り 熱い脂肪

185-187-100-x-110-115

地震/氷柱針/氷の礫/岩石封じ

マンダとの相性補完が取れており、互いが苦手な相手に有利を取れるため採用したが、ボーマンダボルトロス対面でマンムーに引いたところ気合玉、草結びを打たれることがあまりに多かったため次第に出すのが怖くなり終盤は置物になっていた。変えるなら1番にこのポケモンだと思う。


・ヒートロトム@拘り眼鏡

控えめ 浮遊

155-x-127-165-127-116

10万ボルト/ボルトチェンジ/オーバーヒート/目覚めるパワー氷

今まであまり使ってこなかったロトムであったが、ここまでCに振り、眼鏡を持たせることで 信用できる火力を出せる。このPTで一番選出率が高く、メガ2体ともと相性が良かった。Sラインはスカーフ以外のロトムスイクン、鉢巻カイリューを意識してこのラインまで上げたがほぼ上を取れたので正解だったように感じた。

 

・ゲンガー@ゲンガナイト

臆病 浮遊→影踏み

135-x-80-182-96-178

→135-x-100-222-116-200

シャドーボール/こごえる風/気合い玉/道連れ

このPTで一番最後に入ってきたポケモン。それ故に技構成がおかしなことになっているが他に欲しい技があまりなかった。欲を言えば身代わりか。

最後に入ってきたにも関わらずマンダとの選出比8:2くらいでゲンガーを出していたような気がする。

 

ナットレイ@たべのこし

腕白 鉄の刺

181-115-176-x-148-52

アイアンヘッド/電磁波/寄生木の種/身代わり

 テンプレの身代わりナットレイ。技構成はこれ以外になし。

有利対面で身代わりを貼り後出しポケモンに麻痺をばら撒く。麻痺待ちで身代わり連打をした後に宿り木からのまひるみで多少の相性関係ならひっくり返す力を持っていた。しかし、身代わり持ちの起点にとてもなりやすいのでそこは注意。

 

スイクン@ゴツゴツメット

図太い プレッシャー

207-x-183-111-135-105

熱湯/冷凍ビーム/毒々/眠る(吠える)

こちらもテンプレゴツメスイクンゴツメといえばスイクンとなるほど安定した強さがあった。何も言うことが思い浮かばない。


以上が個別紹介になります。


最高2069。最終日にマンムーの枠を変えて回していたらレートは溶けて無くなったので最終はお察し。

2100行きたかったけど実力不足を痛感しました。この並び自体は割と綺麗にまとまっているように感じるので少しずつ改良を加えていきたいと思います。

拙文ですがここまで読んでいただきありがとうございます。これから逆さで使ったパーティの記事も投稿すると思うのでよろしくお願いします。

 

シーズン8 2101 バシャバンギ 【シングル】

シーズン8おつかれさまでした。

このシーズンは前人未踏の2300が出たり、2200以上が99人いたりとレートインフレが凄まじいシーズンでした。
その中で自分のレートは2101でした。
読む価値があるかは分かりませんが久しぶりに2100を越えられたので記念にでも。
 
まずは並びから
f:id:trivium_poke:20150317210647j:plain
初めてのメガ1構築
 
では個別紹介
 
意地っ張り 加速→加速
167-231-101-×-102-141
飛び膝蹴り/フレアドライブ/剣の舞/守る
 
PTの絶対的エース。
ほぼ全試合選出で早々に落とされた時点で負け。
後述のステロ+A2↑飛び膝蹴りでHBスイクンを確定で落とせるためHPが残っている時はゴツメも考慮して剣の舞を選択する。
他にもA1↑フレアドライブでH霊獣ランドロスとかも落とせるので舞のタイミングさえ作れば抜き性能は本当に高かった。
 
 
バンギラス@気合の襷
臆病 砂起こし
175-×-131-147-120-124
冷凍B/火炎放射/電磁波/ステルスロック
 
地雷枠?
5世代とかではよく見たような型な気がするがほとんど読まれず、読まれていない状態では本当に強かった。(サンダーのVCからキノガッサが出てきてほぼ無償でキノガッサを突破など)
バシャーモの全抜きの障害となる襷や頑丈潰しや確定数ずらしのためにステロ。初速の不安、後述のゲンガーとのシナジーを考えての電磁波。
相手のバシャーモに先に展開されると厳しいためバシャバンギ対面では電磁波を連打する。
バシャーモにとってキツいHBカバルドンの削りやクレセリアに一見強い点でステロ役にはフィットしていたように思う。
 
 
ボルトロス@オボンの実
184-×-132-145-101-135(理想時)
ボルトチェンジ/めざ氷/挑発/電磁波
普通のHBボルト。
ゲンガーバシャーモの良き補佐役として麻痺巻き展開阻止アローマンダ受けをこなす唯一無二の存在。
ボルトゴーリなどと当たった時はバンギラスボルトチェンジ圏内に入れた後に倒しながらバシャーモ出すことで起点を完全に回避することができたり、クレッフィに対して圧倒的な強さを持つためイライラは少なかった。他にも挑発を入れてバシャーモを死にだしすることで舞える相手が増えて便利だった。
 
 
・ゲンガー@命の珠
臆病 浮遊
135-×-81-182-100-178
祟り目/ヘドロ爆弾/道連れ/催眠術
流行り?の催眠ゲンガー。
構築上重いローブシンの処理をほぼ一任していた。本当にきつい試合でも6割で勝てるのは大きく、打つ数はそこまで多くなかったがよく当ててくれた。
 
 
ハッサム@拘り鉢巻
意地っ張り テクニシャン
175-200-120-×-100-88
蜻蛉返り/バレットパンチ/叩き落す/馬鹿力
PTの最後に入ってきた補完枠。
竜の一貫を切れ、後攻蜻蛉での削り、バレットパンチでの最後の掃除など選出機会は少なかったが、出したら活躍してくれた。
 
 
図太い プレッシャー
205-×-176-110-135-115(理想時)
熱湯/凍える風/眠る/寝言
よくいる凍える風スイクンの調整だと思う。S1↓で補正なしメガボーマンダまで抜ける。
ステロとゴツメでアローやらボーマンダやらを相手してもらう。他にもマンムーガブリアスガルーラなどの削りもできる流石準伝説といったなかなかの働きをしてくれた。二度寝はご愛嬌。
 
 
以上雑でしたが個別紹介でした。
バシャーモの選出誘導力は凄まじく、ほぼアローマンダは出されたので逆に戦いやすかった印象。
選出のほとんどをバンギバシャ@1という形で行っていたため@4を煮詰め直したいと思う。
 
最終、最高レートは2101で350位くらい?でした。
以上で終わります。
拙い文章でしたが読んでくださりありがとうございました。
 

【シングル】秘密の力ガルーラ

f:id:trivium_poke:20141227142343j:plain
最初期はかなり数を減らしたガルーラでしたが、最近はまたよく見かけるようになりました。

今回はORASに入り、誰でも使えるようになった秘密の力ガルーラについて単体考察していきます。

まず秘密の力とは
威力:70 命中100 非接触 麻痺30%
ノーマル最高火力の非接触技というのがポイントで、ガルーラの大敵であるゴツメのダメージを受けません。

これを利用して後だしされるクレセリアに勝てるようにしたいというのが出発点でした。そこで調整は以下のようになりました。

ガルーラ@ナイト 意地っ張り
201-176-121-×-122-147
秘密の力、グロウP、身代わり、地震or不意打ち

A
+2秘密の力で特化クレセリアに48.8〜57.7%
秘密の力でガブリアスに49.7〜59.5%←目安


HB 
A194メガガルーラの親猫騙しを身代わりが確定耐え
A200ガブリアスのハチマキ逆鱗確定耐え
A157メガクチートの+2不意打ちを15/16で耐え

HD
C96クレセリアサイコキネシスを身代わりが確定耐え
C110スイクンの熱湯を身代わりが15/16で耐え
C125FCロトムのVCを身代わりが確定耐え

S 最速ギャラ抜き

身代わりとのシナジーを考えて不意打ちも強いかと思っていますが、地震も欲しい場面は多かったのでPTにより選択と言ったところでしょうか。

ORASになり、技マシンで秘密の力を簡単に覚えさせることが出来るようになったので使ってみてはいかがでしょうか?

それではこのへんで失礼します。





フレンドマッチ総当たり戦

XY環境お疲れさまでした。今回はいつも仲良くしていただいている方々と総当たり戦をすることになり、使用構築をメモ程度に残しておこうと思います。

この大会のレギュレーションは「シングルKPトップ12の使用禁止」というものです。

                  IMG_16112014_200909

具体的には↑の12体ですね。

この12体を除いた際の某大規模大会KP上位で多そうなポケモンを列挙します。

ヒードランランドロス(霊獣)ボルトロススイクンニンフィアキノガッサポリゴン2サンダーハッサムナットレイフシギバナライコウエンテイルカリオクチートラティオスローブシン

ボルトロス(霊獣)カバルドングライオンドリュウズエルフーンクレッフィサザンドラピクシーソーナンスマンムーパルシェンカイリューロトム(ヒート)サーナイトウルガモスムクホーク


自分は構築を考えるときはメガ枠から考えるのですが、今回とても刺さっているのではないかと考えたのはチャーレムでしたのでそこからスタート。

f:id:trivium_poke:20141117035111j:plain

以下採用順に紹介です。

 

チャーレム 陽気AS @ナイト

飛び膝蹴り 思念の頭突き 冷凍P 猫だまし

猫だましによる襷マルスケつぶしができ、クレセリアやメジャーゴーストタイプ、天敵のファイアローマリルリギャラドスが軒並み使用禁止であり、S102のガブリアスももちろん使用不可ということで環境にぶっささりだと感じ採用。

思惑通り3試合とも選出して、うち2試合ウルガモスの炎の体に焼かれる自覚のなさでしたが、選出圧にはなっていて火傷状態でもある程度の火力を見せてくれました。

 

ヒードラン 臆病HcS @達人の帯

噴煙 ラスターカノン 大地の力 挑発

チャーレムが苦手な妖精軍団、ラティハッサムにある程度出していけること、また相手の展開、害悪阻止のために挑発を入れた個体を採用しました。

ピクシーとかクレッフィがもっと多くいると思ったのですがまったくいなくて腐り気味でした。後述のエルフーンとの相性補完はやはり偉大でした。

 

エルフーン 図太い hBD @残飯

ムーンフォース 身代わり アンコール 寄生木の種

ヒードランとの補完とチャーレムとできるだけ有利な技でこだわらせたかったので場をコントロールしてもらうために採用。ある程度害悪にも強い。

 

ランドロス 意地っ張り @チョッキ

地震 岩石封じ 叩き落とす 蜻蛉返り

借り物の個体なので細かい調整は省きますが、非常に優秀な受け先になってくれました。威嚇+チョッキの600族ということで異常な数値の高さがウリで、後攻蜻蛉からのチャーレムや次に述べるライコウとの相性補完から採用。

Aはほとんど降っていませんが性格補正だけで十分な火力を出してくれました。

 

ライコウ 臆病CS @眼鏡

10万V VC めざめるパワー氷 シャドーボール

ファイアローはいないけれど飛行の一貫を作ってしまうのはいけない。ムクホークがPTでとても重かったのと、相手のチャーレム意識で眼鏡シャドーボール個体を採用。

電気の一貫があれば先発VCからの有利対面を作ったり、周りで削った相手を一貫性の高いシャドーボールなどで抜いていくこともできる。ボルトロスやサンダーにも強めなので正解だったと思いました。

 

ゲッコウガ 臆病CS @命の珠

波乗り 冷凍B 草結び めざ炎

カバドリラティハッサム(スイクン)を一体である程度見ることができるポケモン

フレンドバトルということで好きなポケモンを使ってくるだろうという身うち読みのような採用でしたが、色違いであり、使いたかったので使ったけれどそれなりに活躍してくれました。

 

 

 

以上需要のまったくない記事でしたが、皆さんもレートをできなくてうずうずしている人がいれば何かしらレギュレーションでも決めてやれば新鮮な気持ちになれると思います。とても楽しいフレ戦でした!ありがとうございました!